トップページ
カイロの日
募集要項
カイロ工業会会員
カイロについて
カイロのナマエ
新日本様式100選
国際郵便情報
カイロ使用上の注意
加熱式湯たんぽ自主基準
低温やけどに注意
くつ用カイロについて
よくある質問
お問い合わせ
 
Copyright 2003
by "日本カイロ工業会"
All Rights Reserved.
 
 
 
 
 
 
 
マイコール株式会社
 
社名秘話
  カイロ灰の主原料である麻の原産地・栃木を基礎に、数々の製品を生みだしてきた当社のシンボルマークは、麻の葉と Mycoal のMをモチーフにしています。また My Charcoal の造語から Mycoal の社名は生まれました。
 
栃木発・独創的なカイロ
   カイロ灰は明治4年に発明され、主原料は「麻殻」と呼ばれる皮をはいだ麻の茎を炭にして粉末化し、それを練り上げて棒状にしたものでした。麻の原産地である栃木市において、当社は明治37年、カイロ灰の原型である「麻殻灰」の製造を開始し、昭和初期よりカイロ灰製品の製造を開始いたしました。明治、大正、昭和と、時代の流れとともにカイロ灰製品は大衆に広まり続け、また戦争の度に軍事用としても活用され、確実に全国へ普及していきました。
 戦後、昭和50年代に入り、当社も混合式カイロの発売を皮切りに、50年代後半には、カイロの製造・販売に重点を移しました。
 当社は市場拡大が進む中、ミニサイズ、温度が変わると文字が浮き出るカイロ、衣類に貼るカイロなど、画期的な製品を世界に先駆けて世に送り出してきました。
 平成に時代が変わりましても当社の開発力は変わらず、さらに靴下に貼るカイロや肌に貼るタイプ、そして独創的な肌にやさしいジェルを活用した温熱用具など、時代の要望に添った新製品を生みだしています。
 当社はこれからも、栃木から独創的なカイロや温熱製品を送りだしてまいります。
 

▼誕生秘話&エピソード企業一覧▼